2018年01月19日

メッセージリレー第14回 関本昌平さん

seki.jpg
(1) 久しぶりのすばるホールでの演奏になります。これまでソロと室内楽は弾いたことがありますが、コンチェルトは初めてですので、それらとは違った、指揮者やオケとの掛け合いや、その中でどういう風に独奏楽器を魅せるか、といった点にも。リストのピアノ協奏曲ということで、もちろんみなで一緒に音楽を作るわけですが、オーケストラをリードして、ぐいぐい引っ張っていく、そういう点も。

(2) リストらしい、ありとあらゆる技巧的なピアノの可能性に満ちています。今ではよく弾かれますが、その当時聴いた人はみな驚くような、そういう作品だと思います。そのような衝撃を与えるようなピアニスティックな技巧と、美しい歌もあり、様々なピアノの可能性を感じさせる音楽だと思います。「驚かせたいな!」と思います。

(3)ショパンは、自分が小さいときに初めてその作品に触れたとき、(たとえば、幻想即興曲や英雄ポロネーズ、ワルツ第1番や小犬のワルツなど今回も演奏される曲のことですが)「いったい自分の今やっているピアノってなんなんだ!」と思いました(笑)。
ツェルニーやブルグミュラーをやっていた時でしたが、「自分のやっている曲と全然違うじゃん!」と(笑)ピアノを最初に学習するときは、まず規則的なものをやるけれど、そういうときに、「革命」や「黒鍵」を聴くと、やはり、憧れますね。自分にとって、憧れを最初に感じた作曲家、とも言えます。皆さんもそうだと思いますが、実際やっていくと奥深いですし、また、ショパンコンクールでもたくさん弾いた思い出があります。

(4)自分の実家がのどかな所にあるので、最初からホールの雰囲気に親近感をもっていました。といっても、実家からは遠いのですけれどね(笑)。
posted by subaruhall at 17:42| Comment(0) | 日記

メッセージリレー第13回 實川 風さん

zitu.jpg
(1) (2) 二日間に渡って催されるショパンの祭典、大変楽しみです!二日目にショパンのピアノ協奏曲第一番ホ短調を演奏いたしますが、この日は同時代を彩ったシューマンとリストのそれぞれ特徴的なピアノ協奏曲と並べてお聞きいただきます。僕は常々、ショパンほど他の作曲家の作品と混じり合わない作曲家もいないように思うのですが(ショパンが入るとリサイタルのプログラム作りが途端に難しくなるように思います。)、今回は三人の協奏曲を続けて聞くことで、それぞれの作曲家の独創性や気質までが浮き彫りになるのではないかなと思っています。
ショパンのピアノ協奏曲第一番は若かりしショパンの力作で、一見華やかで感傷的な音楽の内側に、不屈の力強さを秘めています。オーケストラとピアノが細やかに室内楽的に寄り添うことが求められます。ピアニストの自在な音の動きの中、オーケストラの各楽器はオブリガード的であったり背景に回る部分が大半であるためか「オーケストレーションが弱い」などと言われる事がありますが、僕はそうは思いません。この曲では、ホルン・ファゴット・ヴィオラ・チェロといった中低音楽器に大切なモチーフやピアノとの掛け合いがたくさん出てくるのですが、これはいざ弾いてみると、ピアノという楽器の音色の美しさが特に際立つ組み合わせなのです!なので、オーケストレーションが不得手なのではなく、ピアノをオーケストラと戦わせずに、双方を室内楽的に美しく対話させることをショパンは目指し、それに成功しているように思います。

(3)僕にとってショパンへの想いはとても複雑で、大好きなのに遠ざかっていくことの多い作曲家です。即興的でありながら堅牢な構築性を持ち、内側は感情でドロドロになっているのに、表面は精工で緻密に練り上げらていて、とにかく複雑な奥行きを感じさせる作曲家です。素直にショパンと一体化するような感覚までいける時は、ものすごく自由な感覚を味わえる作曲家だとも感じます。

(4)すばるホールでの演奏は今回が初めてなので、どんなホールなのかとても楽しみです。
posted by subaruhall at 17:20| Comment(0) | 日記