2018年02月17日

最終回 公演レポート

 1月20日(土)、21日(日)に「すばるショパンフェスティバル」を開催しました。
集合写真.jpg

今.jpg
まず20日(土)は、ショパンのピアノ独奏曲を9人のピアニストがリレー形式で演奏する「ショパン・マラソンコンサート」を開催。11時の開演からなんと8時間をかけてショパンの主要作品(全26曲)を演奏しました。ショパンのピアノ作品は多くのコンサートで演奏されていますが、これだけの数の作品を一気に聴いてしまえるという国内外でも珍しい企画です。また、ご出演いただいた若手ピアニストは、「すばるイブニングコンサート」の出演者で、日本最大級の規模を誇るピアノ・コンクール「ピティナ・ピアノコンペティション」全国決勝大会で優秀な成績を収めた逸材ばかり(三好朝香さん、三重野奈緒さん、吉原佳奈さん、太田糸音さん、水本明莉さん、鯛中卓也さん、酒井有彩さん)。ゲストには、最年少で特級グランプリに輝いた山ア亮汰さんと、以前に富田林のリトルピアニストたちと共演してくださった今野尚美さんをお迎えしました。どのピアニストも深く豊かな表現力で、個性あふれる色とりどりのショパンを演奏してくださいました。さらに、このコンサートを最後まで完聴してくださった方がなんと83名もおられ、記念にプラネタリウムの観覧券をプレゼントさせていただきました。

========================================
ロマン派.jpg

関.jpg
 翌21日(日)は、ピアニストがオーケストラと共に演奏するピアノ協奏曲をお贈りする「ロマン派のピアノ協奏曲」を開催。オーケストラの公演において、協奏曲はプログラムに含まれても1曲というのが一般的ですが、今回はなんとプログラム全て(3曲)をピアノ協奏曲で構成するというこちらも珍しく贅沢な企画。共演してくださったオーケストラは、すばるホールでもお馴染みの大阪交響楽団、そして、指揮は同楽団の常任指揮者である寺岡清高さんが務めてくださいました。シューマンのピアノ協奏曲では、今後の活躍が期待される東海林茉奈さんがシューマンの情熱を豊かに歌い、若々しく躍動感にあふれた演奏をしてくださいました。続いて、ショパンのピアノ協奏曲第1番は、ゲストの實川風さんがオーケストラとの見事な対話をきかせてくださり、ショパンのピアニスティックな魅力がぎっしり詰まった演奏をしてくださいました。そして、最後に登場していただいたのはすばるホールには4回目の出演となる関本昌平さん。これまで、ソロ・室内楽のコンサートでご出演いただきましたが、今回は協奏曲のソリストとしての登場です。関本さんにはリストのピアノ協奏曲第1番を演奏していただきました。まるで、オーケストラを牽引するかのような圧倒的な表現力、音色、音量で、リストが「ピアノの魔術師」と呼ばれたことを彷彿させるかのようなドラマティックな演奏で、2日間に渡るフェスティバルを締めくくってくださいました。
 ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。すばるホールはこれからも若きピアニストの育成を図ると共に、クラシック音楽の振興に努めてまいります。
(担当職員T)
posted by subaruhall at 15:46| Comment(0) | 日記