2017年10月17日

メッセージリレー第2回 三重野奈緒さん

三重野奈緒.jpg
(1) この度はすばるショパンフェスティバルにお誘いいただきまして、ありがとうございます。フェスティバルの曲目はナビゲーターの加藤さまが割り振ってくださったのですが、なんと3曲とも初めて取り組む曲!ずっと遠くから見つめていたものの、近付けなかった憧れの先輩に初めて話しかけるときのような気持ちです。(要はドキドキしています。)すべての出会いが一期一会。これだけたくさんのショパンの作品に1日で出会えるコンサートは滅多にないので、奏者としても一聴衆としても今からとても楽しみです!

(2)
●ノクターン第2番 変ホ長調 Op.9-2
全21曲あるショパンのノクターンの中で最も有名な作品です。左手は一貫して同じ伴奏型で、右手で美しく叙情的なメロディが歌われています。

●スケルツォ第1番 ロ短調 Op.20
スケルツォはイタリア語で「冗談」を意味します。冗談、というと明るく軽いイメージを持ちますが、ショパンのスケルツォは第4番を除き深刻で、大規模な作品です。しかし随所でユーモアを感じる技法が用いられています。祖国の情勢不安の中作られた作品で、ショパンのノスタルジーを強く感じます。

●舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
舟歌はヴェネツィアのゴンドラ漕ぎの歌に由来すると言われています。ヴェネツィアの街をゴンドラで巡っているような、さまざまな風景を思い起こさせる曲です。ショパンの晩年の作品で、最高傑作の1つです。

(3) ショパンは遠くて近い存在です。近くて遠いというより、遠くて遠くて遠くて…でも少しずつ近付きつつある存在です。2015年にポーランドを訪れてからは、今までのピアノの神様のような存在からぐっと近付き、一人の人間として感じられるようになりました。(天才であることに変わりはありませんが!)ショパンの作品を演奏しているときは、弾いているというより歌っている感覚になります。いつか息をするように演奏することが目標です。

(4) 大学1年生のときに、すばるイブニングコンサートに出演させていただきました。今から4年前ということになります…時が経つのは本当に早いですね。そのときはリスト・ラヴェルプログラムだったので、いつかショパンもこのホールで演奏したいと密かに思っていました。その願いが今回叶ったのでとても嬉しいです。
========================================
追加メッセージをご覧いただけるピティナ(一般社団法人全日本ピアノ指導者協会)のページはこちらをクリックしてください。
http://www.piano.or.jp/concert/tieup/subaru-chopin
posted by subaruhall at 15:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: