2017年11月30日

メッセージリレー第8回 今野尚美さん

今野尚美(最新).jpg
(1)このような素晴らしい企画に参加させていただき大変嬉しく思います。ショパンの作品と向きあう貴重な機会に感謝して練習しております。

(2)(3)正直に言うと私は子供の頃からショパンに近寄りがたい畏れのような思いを抱いておりました。永遠の憧れ、どこか遠く彼方にいる高次元の人...ショパンの作品のあまりの美しさに、おいそれとは人前で弾けない気持ちでした。巨匠たちがショパンを奏でる名演を聴く度に漂う高潔な響き、天才ゆえの澄み切った聖域をショパンの作品に感じていたからかも知れません。
しかしショパンはどこまでも優しく、日常の些細な感情まで表現するかのようにピアノに寄り添って聴く人の心に染み入ります。
(どんなに超越した人だったことでしょう!)

今回弾かせていただくのは円熟の極みとも言える詩的な作品の数々、ショパンにとっては「音」が「言葉」そのものだったのでしょうか、ショパンの音楽は上手く言葉で説明できませんが当日少しでも「音」で語れたら...と思います。
是非お越しくださいませ!

(4)初めてすばるホールで弾かせていただいたのは2008年でした。アウトリーチのコンサート活動で富田林市に滞在し、支援学校や小学校、プラネタリウム等でも演奏しました。実はその時のコンサートがきっかけとなり、ピティナともご縁が深くなりました。有り難うございます!
2015年には「ピアノファンタジー Vol.2」でピティナ・ピアノコンペティション受賞歴多数の素晴らしいピアニストの方々とご一緒させていただき、また地元のリトルピアニストの皆様とプロコフィエフの「ピーターと狼」を連弾したことも楽しい思い出です。

いつも温かくお見守りくださる「すばるホール」のご担当者様に感謝をこめて演奏しま
す。
========================================
追加メッセージをご覧いただけるピティナ(一般社団法人全日本ピアノ指導者協会)のページはこちらをクリックしてください。
http://www.piano.or.jp/concert/tieup
posted by subaruhall at 14:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: