2018年01月19日

メッセージリレー第14回 関本昌平さん

seki.jpg
(1) 久しぶりのすばるホールでの演奏になります。これまでソロと室内楽は弾いたことがありますが、コンチェルトは初めてですので、それらとは違った、指揮者やオケとの掛け合いや、その中でどういう風に独奏楽器を魅せるか、といった点にも。リストのピアノ協奏曲ということで、もちろんみなで一緒に音楽を作るわけですが、オーケストラをリードして、ぐいぐい引っ張っていく、そういう点も。

(2) リストらしい、ありとあらゆる技巧的なピアノの可能性に満ちています。今ではよく弾かれますが、その当時聴いた人はみな驚くような、そういう作品だと思います。そのような衝撃を与えるようなピアニスティックな技巧と、美しい歌もあり、様々なピアノの可能性を感じさせる音楽だと思います。「驚かせたいな!」と思います。

(3)ショパンは、自分が小さいときに初めてその作品に触れたとき、(たとえば、幻想即興曲や英雄ポロネーズ、ワルツ第1番や小犬のワルツなど今回も演奏される曲のことですが)「いったい自分の今やっているピアノってなんなんだ!」と思いました(笑)。
ツェルニーやブルグミュラーをやっていた時でしたが、「自分のやっている曲と全然違うじゃん!」と(笑)ピアノを最初に学習するときは、まず規則的なものをやるけれど、そういうときに、「革命」や「黒鍵」を聴くと、やはり、憧れますね。自分にとって、憧れを最初に感じた作曲家、とも言えます。皆さんもそうだと思いますが、実際やっていくと奥深いですし、また、ショパンコンクールでもたくさん弾いた思い出があります。

(4)自分の実家がのどかな所にあるので、最初からホールの雰囲気に親近感をもっていました。といっても、実家からは遠いのですけれどね(笑)。
posted by subaruhall at 17:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: