2017年11月07日

メッセージリレー第5回 太田糸音さん

太田糸音.jpg
(1) ピアノの詩人と呼ばれるようにピアノの表現様式を大きく広げたショパンの代表的な作品を、次々と演奏する『ショパン・マラソンコンサート』に参加させていただけます事をとても光栄に思っています。

(2)
●ワルツ第1番変ホ長調Op.18「華麗なる大円舞曲」
次々と異なる楽想が移り変わってゆく、いわゆるGrand Valse様式と呼ばれる華やかな作風で、パリに移住する前に滞在していたウィーンで聴いたウィンナ・ワルツの影響を強く感じられる、ショパンには珍しい同音連打が多用される曲。めまぐるしい旋回から生まれる熱気と興奮がワルツのもつ魅力の一つ。

●ピアノソナタ第2番変ロ短調Op.35「葬送」
最初に完成した葬送行進曲(第3楽章)の2つの主題を基に前後の楽章のモティーフを生み出す技法で書かれた叙情的で力強く独創的な中期の傑作で全4楽章制。 全楽章に共通した短三度の動機が使われることによって全体のまとまりを生み出している。最終楽章に持ってきた虚無感こそがショパンの天才たる所以だろう。

●スケルツォ第4番ホ長調Op.54
イタリア語のScherzoには滑稽、ユーモアという意味がある。ショパンのスケルツォ全4作中の中で唯一の長調、俊敏で最も難しいといわれ、かっちりとした構成で自由自在な展開なのはこの当時のショパンの作品の特徴ともいえるだろう。主部のコラール、飛び跳ねまくる和音、速い音階、アルペジオ、次々と異なるフレーズが登場する曲で、ショパンの後期の作品では珍しく喜びに満ち溢れた作品。

(3) ショパンの作品を(もちろん他の作曲家の曲もですが)本当に理解できるのは何年先のことだろうか…と感じる事が日常から多々ありますが、ピアノを通して少しずつですがショパンにも近づいていきたいと思います。

(4) 中学生の時に出演したイブニング・コンサートで、大きなプログラムに挑戦させていただいた事は、私の中での大切な節目となり今に至っています。
続きを読む
posted by subaruhall at 10:16| Comment(0) | 日記

2017年11月02日

メッセージリレー第4回 吉原佳奈さん

吉原佳奈.jpg
(1) この度、すばるショパンフェスティバルに参加させていただき大変光栄に思っております。今回、私は唯一の高校生ということで、緊張と責任の重さに押しつぶされそうな思いですが、素晴らしい先輩ピアニストの方々と同じ舞台に立たせていただける喜びと感謝の気持ちを持って、自分らしい演奏をお届けしたいなと思っております。

(2)今回演奏させていただくのは、「黒鍵」「別れの曲」「革命」というエチュードの中でも名曲中の名曲、そして「アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ」の4曲です。ピアノ学習者でなくても知っているような有名な曲ばかりです。「別れの曲」と「アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ」は今回初めて取り組みました。コンクールではなかなか課題曲に取り上げられない曲でもあるので、私と同世代のピアノ学習者にとっては意外と後回しにしてしまっている曲かもしれません。「黒鍵」「革命」は小・中学生のときに一度演奏する機会がありましたが、今の私がどのようにこの曲に向き合えるか、私自身も楽しみにしています。

●エチュードOp.10-3「別れの曲」ホ長調
日本では「別れの曲」の名で広く知られていますが、海外では「悲しみ」「親しみ」とも呼ばれている曲です。エチュードということを忘れさせてしまう美しい旋律が印象的な曲です。
●エチュードOp.10-5「黒鍵」変ト長調
右手による主旋律のほぼ全てが黒鍵によって演奏されることからこの通称がつけられています。
●エチュードOp.10-12「革命」ハ短調
ショパンが演奏旅行で祖国ポーランドを離れていたときに革命が失敗し、故郷のワルシャワが陥落した報を聞いて作曲したという逸話もありますが、現在ではその逸話の信憑性は疑問視されています。
●アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調Op.22
もともとは管弦楽とピアノによる協奏曲としてポロネーズ部分が作曲されましたが、後にピアノ独奏によるアンダンテスピアナートの部分が作曲され、現在の形にて演奏会等で広く親しまれている曲です。映画「戦場のピアニスト」のラストで演奏された曲としても有名です。

(3) 私がショパンの曲を初めて弾いたのは小学2年生のときでした。弾けば弾くほど難しく、勉強すればするほど奥深く、どこまで追求しても終わりのない魅力的な作曲家です。ショパンの曲は私たちにとってあまりにも身近に溢れすぎているせいか演奏者として求められるものも多く、演奏するには実はいちばんハードルの高い曲なのかもしれません。私がショパンを語るにはまだまだ勉強が足りませんが、ショパンの叙情的な感性と日本人の持つ情緒はどこか一致するものがあるようにも感じます。ピアノ学習者にとってショパンは特別な存在です。

(4) すばるイブニングコンサートには高校1年生のときに出演させていただきました。小さい頃からの憧れの先輩が第1回の出演者だったこともあり、このコンサートに出演させていただくことが私にとって目標のひとつにもなっていたので、お話をいただいたときには飛び上がって喜びました。当日は演奏よりトーク部分のほうが緊張したことを覚えております。私にとっての初めてのソロリサイタルでしたので一生忘れられない思い出になりました。続きを読む
posted by subaruhall at 12:15| Comment(0) | 日記

2017年10月26日

メッセージリレー第3回 山崎亮汰さん

山崎亮汰.jpg
(1) 参加への意気込み
ショパンマラソンということで、ショパンの作品だけを取り上げる新しい形のコンサートになるので、今から本当に楽しみです!
(2)曲目の紹介
私は今回、ショパンのエチュード集Op.25、バラード2番、英雄ポロネーズを演奏します。ショパンのエチュードは、どれもただのヴィルトゥオーゾ的な作品ではなく、音楽的に本当に素晴らしい作品です。全曲を通して、一つの物語のように感じていただけるよう演奏したいです。バラード2番と英雄ポロネーズは昔から弾いている思い入れのある二曲なので、また演奏できることを楽しみにしています。
(3)ショパンへの思い
ショパンは私にとって、特別な作曲家の一人です。昔からショパンの作品はたくさん弾いてきましたが、旋律や和声がとにかく素晴らしいので、飽きることがありません!音楽的にも技術的にも難しい作品ばかりですが、お客様に曲の素晴らしさを少しでも伝えられるよう頑張ります!
(4)すばるホールの思い出
今回すばるホールで演奏するのは初めてになります、
ですので今から本当に楽しみです。続きを読む
posted by subaruhall at 17:02| Comment(0) | 日記